九頭竜神社から鶴岡八幡宮へ

2013-09-29

今日は箱根神社・九頭竜神社にお参りに行ってきました

夏は出雲・伊勢と2大社に行ってきたので、いつもより送れて参拝です

朝8時に東名をバイクで疾走し、御殿場から湖尻・箱根神社へ向かいました

今日は日曜という事もありサンデーライダーがたくさん走っていて

良いバイク日和です

みなさんたいへんマナーがよろしい

もう峠族の時代ではないですね

箱根神社では御手洗場が新調されており九つの竜頭の口から

水が湧いてました(凝ってる)

あと中国人観光客が多くて北京語が飛び交ってました

ちょっと肌寒かったですが山の霊気は清々しいですね

お参りを済ませて箱根新道を下って西湘バイパスへ

潮風に当たりながら、いざ鎌倉!

馴染みの駐輪場が閉鎖されてしまったので、以前聞いていた線路向こうの

駐輪場へ、時間100円はリーズナブルです

参道をカメラで撮影しながら、鶴岡八幡宮へ

さすがに昼近くもあり参拝客も多くけっこうな賑わいでした

キレイな白人のお姉さんとかいて、良い目の保養に!

すこぶる天気も良く気分も良かったので朱印帖とか買って

鶴岡の印もいただきました(良いことあるといいな)

帰りはいつものように横須賀道路を抜けて16号で帰途に

10年落ちのバイクですがまだまだ頑張ってくれそうです

 

仲間が「砲雷撃戦よ~い」の申し込みをしてくれたので

なんとか本でも作ってみようかと思います、ではまた!

 

伊勢神宮特集・・・また行きたい

2013-09-23

土曜日「アド街っく天国」で伊勢神宮の特集をやっていた

そこで、鳥羽の夫婦岩が紹介されていたのだけれど

「なんか記憶にある風景だよな・・・」と

記憶を探ってみると、小学校4~5年生のころ

祖母と一緒に町内会の旅行で来たのを思い出した

鳥羽で真珠を使った置物を買って帰ったのがはっきり思い出されて

そこから推測されることは、どう考えても

お伊勢参りもしているはずで、40年まえの式年遷宮の年に

行った事になる

なんとも懐かしい記憶が蘇った訳で、祖母はもう他界してしまったが

ありがたい思い出に感謝!

「アド街」を見ていて、まだ行っていない神社や観光地が紹介されていたので

ちょっとまた弾丸ツアーをやろうかと画策しています

たぶん11月頃になると思うのですが、遷宮後の社がみれるのも

ありがたいので行く気満々です      ではまた!

弾丸ツアー第2弾・・・伊勢神宮編

2013-09-09

土曜日の午前零時出発

クルマで片道450kmを行きましたよ

伊勢神宮

今年は20年に1度の代遷宮なので、なんとしても

お参りしたかったのですが中々時間が取れず

出雲大社に続いて、またまた弾丸ツアーになりました

サービスエリアで休憩しながら行ったので

現地に着いたのは5時頃でしたが

おかげで日の出までおがめて感激ひとしおでした

伊勢湾岸道路を降りて、まずは外宮を参拝

朝5時代だというのにそこそこ人がいて良い感じでした

現宮と新宮が並んでいる姿を見れるのは今しかないので

本当に来て良かったです

写真撮影は禁止されていたので、心に焼き付けておきました

他に多賀宮・土宮・風宮・水宮を参拝しました

それから神宮会館駐車場にクルマを移動させて内宮へ

・・・とその前に

おかげ横丁を通って、おはらい通りに出て赤福本店で朝飯ならぬ

朝赤福をいただきました

濃い目の番茶とあいまって眠い目をさっぱりさせてくれました

(朝5時から営業とのこと、流石です)

さて内宮ですが、もう空気が違います

出雲は気の力強さを感じたのですが、伊勢神宮は異次元です

もう計ることの出来ないモノがあるって感じです

(俺はしろうとなのでわかりませんが、あきらかに何か違います)

もちろん、不快なものではなく、どちらかといえば懐かしい

昔忘れてしまった、大事なもののようなものだと思います

(これ以上語るとスピリチュアルになるので止めておきます)

途中にある五十鈴川御手洗場にも驚かされます

はや・かじか・ドジョウなどの小魚がきれいに透き通った川の中に

うようよいて、人が近寄っても逃げずにいて

それどころか、水面に触れると近寄ってくるのです

なんとも不思議な光景です

それからきちっと手入れをされた参道を通って正宮へ

所々10月の代遷宮にそなえた工事が行われていて

行事の大変さが伺われます

長く巨大な階段を登りやっと参拝出来ました

折角なので、出来る限りのお願いをしてきました

果たして、どうなるのやら(笑

もちろん正宮も撮影禁止でしたが、こちらも新旧の

宮が並ぶ姿を観れて良かったです

他に荒祭宮・風日祈宮も参拝しまずは目的達成出来ました

伊勢神宮はあきらかに何か違います

一生に一度は行かれる事をおすすめします(良かった~)

 

流石にぼろぼろになってきたのでネットで調べてあった漫画喫茶で仮眠を取り

松坂市でステーキを食って津市でスーパー銭湯に入って無事帰途に着きました

2日で睡眠時間6時間弱で死にかけましたが(笑)

なんとか目的の御伊勢参りを完了させる事が出来ました

 

ちなみに往復で900km走って家に帰ったのが深夜2時だったのですが

結局朝まで「艦これ」やってしまいました

今LV27・リンガ泊です(笑

いざ鎌倉へ

2013-08-16

おかげさまで夏コミも無事終わり、少しへばっていたのですが

どうやら峠を越えたようで、気分転換に鎌倉へと足を運んできました

まったく嫌になるような晴天でしたがバイクだったので

風が涼しかったです

終戦記念日だったせいなのか、観光シーズンだったのか

横須賀道路、朝比奈出口から鶴岡八幡宮までの道は大渋滞でまったく動かず

かわいそうでした(バイクでスイスイすり抜けてきました)

取り敢えず、馴染みの駐車場へバイクを止めて八幡宮へ

観光客だらけでしたが気分はは清々しかったです

(おみくじは”吉”だったし)

で、いつもの小町通りを抜けて銭洗弁天さままで1.5kmを歩いてきました

弁天様も今日は大賑わいで線香立てるのも一苦労するほどの人出でした

途中のトンネルで涼んでる人や真っ黒に焼けた人力車のお兄さんが

夏っぽくて風情がありました

ただ、あまりに暑かったので、ふだん行かないような洒落たお店で一休み

喫茶”こまめ” 白あずきを載せた黒寒天がおいしそうだったので注文してみました

カキ氷も良いですが”くずきり”や”黒カン”は日本ならではの味わいです

日本人で良かったと思える瞬間を堪能しまくってました

汗が引いたので駐車場に戻るとおばちゃんが今月の20日でここを閉めるとのこと

ちょっと残念、世間話に花を咲かせていると

もうこの辺は地元の人はほとんどいないとの事

時代も変わって住む人も変わったという事ですかね

おばちゃんにもうすぐ伊勢神宮にも行く事を話すと

「私、50年前に三重から鎌倉に嫁いできたのよ」と驚く展開に!

これも御縁かと、さらに伊勢の話を聞くと「赤福」の

”赤福餅”も良いけど、この季節は店の横でたべる”冷やしぜんざい”がオススメとの事

それと駐車場は市営の5階建てのものを使うと便利でリーズナブルとの事

なかなかお得な話が聞けました

時折吹く浜風がちょっとだけ暑さを忘れさせてくれて良かったです

もう少し涼しくなったら、また”こまめの黒かん”を食べに来ようかと思いました

さあ、仕事頑張ろう! ではまた!

パシフィック・リム

2013-08-10

徹夜で描いたネームを担当に送って一眠り

夕方、電話で打ち合わせをしてのち

気分転換に映画を観てきました

「パシフィック・リム」

待ちに待ったロボット映画です

今週、情報番組でなにかと特集されてましたが

いかがなものかと胸ふくらませて行って来ました

 

まずは一言「期待通りのカイジュウ映画」でした

字幕版・3D版・吹き替え版といろいろありましたが

時間がちょうど良かった吹き替え版をみました

もう銀さんカッコ良過ぎ、綾波はちょっと違和感あったけど

他は完璧でした(字幕だと画面に集中出来るのでオススメ)

内容ですが、文句無しで子供も大人も楽しめるようテンポの良い編集で

あきさせない作りに好感が持てます

あと、ハリウッド作品にありがちなキスシーンやベッドシーンも無く

アジア市場を考えた脚本にも脱帽です

というか、日本の昔の特撮を充分わかっているようで嫌味の無い作りに

思慮深さを感じる事が出来ます

戦闘シーンも前半・中盤・後半と盛りだくさんで大満足です

原爆・原子炉ネタがありますので、その辺に敏感な方はオススメしませんが

ギレルモ監督なりの配慮は感じます(すごく神経を使っていると思う)

どうやら興行的にも成功し始めているようで続編の話もあるような・・・

それにしてもヒロイン役を射止めた菊池凜子は頑張ったと思う

やっぱり気概が違います(見習わなくては!)

唯一笑ったのがTVCMだと”エルボーロケット”だったのが”ロケットパンチ”に

変わってました、これも日本人むけのサプライズだったのでしょうか(笑

 

ちょっとネタバレですがロボット”イエェーガー”にはちゃんと世代設定があり

「チェルノ・アルファー」が第1で

「ストライカー・エウレカ」で第5

ちゃんと世代ごとに性能が違って面白かったです

もちろん敵のカイジュウにもランクがあって1~5のレベルで表現されてます

 

コミケが終わったら3D版も観てこようかと思います、ではまた!

お問い合わせ

プロフィール

neko_s

ITOYOKO

性別:男性

誕生日:9月18日

出身地:神奈川県小田原市

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

アーカイブ


リンクバナー
リンクフリーです